汗には『良い汗』と『悪い汗』がある?

2018年08月26日

夏に気になることと言えば「汗」と答える方は多いかと思います。

実は「汗」には「良い汗」と「悪い汗」の2種類があるのをご存知ですか?

もし、ベタベタの汗がでたり、においが気になったり、大粒の汗がドバっとでるようなら「悪い汗」の証拠!

「悪い汗」は体に必要なミネラルを奪うので疲れやすく、夏バテや熱中症につながるため注意が必要です。

汗の原料は血液です。

汗腺がしっかりと機能していれば、ほとんど水分のサラサラとした「良い汗」がでますが、汗腺がうまく働かないと成分が残ったままの濃いベタベタした「悪い汗」になってしまいます。

汗腺は使わなければすぐに衰えてしまうのです。

 

良い汗・悪い汗の見分け方

  • 汗が流れるほどドッとでたり、なかなか引かない
  • 汗が目にしみたり、ベタつきやにおいがきになる
  • 顔や首など部分的に汗をかく

当てはまる場合は「悪い汗」が出ている可能性が高いです!

 

冷房のきいた部屋でずっと過ごしていませんか?

日頃からしっかりと汗腺を鍛える習慣をつけて、良い汗をかける体にしておくことが大切です。

スポーツやサウナが1番ですが、毎日続けるとなると、なかなか大変ですよね。

なかなか汗がかけていない…という方におすすめなのがお家でできる『汗腺トレーニング』です☆

汗腺トレーニング

  1. 43~44℃の熱めのお湯に膝下と肘から先だけを、10~15分ほどつける。全身から大量の汗がでてきたらOK!!
  2. 手足浴がすんだら、36℃程度のお湯にし、10~15分ほどつかる。半身浴でも全身浴でも大丈夫です。
  3. 風呂上りはクーラーではなく、自然の風やうちわなどで汗を蒸発させる。

水分補給を行う際は水でもいいですが、リンゴ酢、黒酢、クエン酸のドリンクなどもおすすめです。

ぜひ一度試してみてください!!

 

肩こりに水泳が効果的!?

2018年08月25日

まだまだ湿度が高く、ムシムシとした日が続いていますね。

今年は猛暑でしたので、涼しい場所『プール』に行かれた方も多いのではないでしょうか?

水泳はダイエット目的、筋力アップなどに効果的ですが、実は肩こりの解消にも繋がります。

肩こりは肩まわりの筋肉が緊張して固くなってしまったり、血液循環が悪くなっていることが多いです。

そのため、肩甲骨周りの筋肉を使ってあげることで、肩こり解消が期待できるのです!

その肩甲骨周りの筋肉を使うのに安全で、簡単にできるのが『水泳』です。

肩甲骨周りの筋力を無理なく動かせ、膝や腰に負担が少なく全身運動、有酸素運動で血液の流れがが良くなり、インナーマッスルも鍛えられ、ダイエット効果も…☆

 

水泳で肩こりを解消するためのポイント

  • しっかりとウォーミングアップをする
  • 肩甲骨を意識して腕を大きく動かす
  • ゆっくりと長く泳ぐ
  • 泳いだあとは体を温める
  • 次の日に疲れが残らない程度にする

上記のことを意識して行ってみてください。

クロールや背泳ぎが特におすすめ☆

肩こりの方には肩甲骨を大きく動かすクロールと背泳ぎがおすすめです。

  • 肩甲骨が前よりの方は肩をうしろに回す『背泳ぎ』
  • 肩甲骨がうしろよりの方は前に回す『クロール』

バタフライは腰、平泳ぎは膝や首を痛めることがあるので注意が必要です!!

 

水泳中は、ついつい水分補給を忘れがちですが十分に行ってください。

水中だと軽く感じた体が地上だと一気に疲れがでてきます。

泳いだあとはしっかりと体を休めてあげてくださいね♪

冷たいものの摂り過ぎに注意!

2018年08月9日

日ごとに暑さが増し、最近は気が付くと冷たい飲み物や食べ物にばかり手が伸びています。

冷たい物もたまにならいいのですが、頻繁に摂取すると内臓が冷えてしまい、腹痛や風邪だけでなく、肩こりや腰痛など様々な体調不良につながることも、、、

胃腸などの消化器系は37~38度ぐらいのときに最もよく働きます。

そのため、冷たい物を摂取しすぎると、胃腸の負担となり消化不良を起こしやすくし、これが腹痛の原因となるのです!!

また胃腸が冷えて消化不良を起こしていると、食べ物も長い間、胃の中にたまった状態となるため、胃自体に負担がががり、食欲が出なかったり、疲れやすいといった症状につながることも、、、

さらに冷たい物が体内に入ると、血管や筋肉が冷えて固くなるため、血行が悪くなり、肩こり・腰痛・むくみなどを引き起こします。

このように、冷たい物の取り過ぎは様々な不調につながります。

 

できれば温かいものを選んであげることが大切です。

ただ、暑いとどうしても冷たい物が欲しくなっちゃいますよね。

そんな時は、一気に食べたり飲んだりせず、一口ずつ口に含んだら、口の中で転がし中を冷やし、それから飲む。を繰り返す。

そうすることで口の中が冷えて、満足感が得られ、水が体温に近くなり、内臓への負担を軽くできます。

まだまだ暑い日は続きます。

内臓を冷やさず元気に夏を乗り越えましょう♪

ダイエットの必需品たんぱく質☆

2018年06月23日

ダイエット中は食事のカロリーが気になりますよね。

そこで食事の量を減らしたり、野菜中心の生活をされる方も多いと思います。

もちろん大切な事ですが、実はお肉やお魚などのたんぱく質を摂ることも同じくらい大切なことなのです。

お肉やお魚には、筋肉の材料となるたんぱく質が豊富です!!

そのため、お肉やお魚を摂らないでいると筋肉が減ってしまい、ダイエットに逆効果になることも…

そこで、今回はたんぱく質が不足することで起こる、4つのデメリットをご紹介します!

 

たんぱく質が不足すると起こる4つのデメリット

代謝が落ちる

筋肉は脂肪の3倍ものエネルギーを消費します。

筋肉がないと脂肪は燃えてくれないのです。

血の巡りも悪くなり、身体の冷えにもつながります。

 

体はぷよぷよに…

筋肉が落ちると、痩せてもしまりのないぷよぷよの身体になってしまいます。

今は健康的に引き締まった体がブーム!

ただ痩せるだけでなく、筋肉をつけながら痩せるためにはお肉が欠かせません。

 

肌が荒れる

肌の張りやツヤを維持するためのコラーゲンは、たんぱく質からできています。

そのため、体内のコラーゲンが不足してしまうと、肌はカサカサ、ボロボロに…

 

食欲が強くなる

たんぱく質が不足すると、早くエネルギーに変わるものが欲しくなり、甘いものに手が伸びてしまう傾向があります。

また、一度痩せてもリバウンドになりやすいです。

 

などなど、たくさんのデメリットが…(>_<)

たんぱく質が大切な理由がわかっていただけたでしょうか?

 

しかし、たんぱく質はどんなものでもいいわけではありません!!

ソーセージやハムなどの加工品は、加工する際に脂肪分や食塩を添加したり、脂の多い部位を加工することが多いので脂質や、塩分量が高くなります。

そこで、脂質を押さえたいときは、

  • ベーコンを、ロースハムに変える
  • ソーセージを、魚肉ソーセージに変える

ことで、脂質をカットすることができます。

 

では、どんなお肉がダイエットに向いているのでしょうか!?

  • 牛もも
  • 豚もも
  • 豚ヒレ
  • 鶏ささみ
  • 鶏むね(皮は除く)

脂肪が少なく、たんぱく質が豊富に含まれている上記のお肉は特にダイエット中は、おすすめです☆

 

また、調味料も多くのカロリーを占めています。

ダイエット中は焼く、蒸す、煮る、ゆでるといったシンプルな調理方法だとよりヘルシーに食べることができます。

たんぱく質を上手に使い健康的なダイエットを目指しましょう!!

今年は内側からも紫外線対策を!!

2018年05月31日

爽やかな空が目立ち、日中は汗ばむ程の季節となりました。そろそろ気になってくるのが『紫外線』!!

5月から8月は1年のうちでも紫外線の強い季節となります。

日焼け止めや日傘、手袋、帽子など、いろいろな対策方法がありますが、意外と忘れがちなのが、内側からのケア。

紫外線に対抗できる食べ物(栄養素)を摂取するだけで、手軽に紫外線ケアできますよ!

特に気をつけて摂取したいのがビタミンA 、C 、Eです。

おすすめの食べ物は “トマト” 

トマトはビタミンA 、C 、E が豊富に含まれているだけでなく、トマトに含まれるリコピンには老化を抑える抗酸力が抜群!

生トマトはもちろん、加工品のトマト缶、トマトジュース、ケチャップなどでもリコピンを効果的に摂ることができます。

さらに、トマトジュースやケチャップといった加工食品には、生のトマトの約2~3倍もリコピンが多く含まれているそうです。

 

また、リコピンは油に溶けて吸収される性質があります。

そのため、脂質が多いアボカドやオリーブオイルなどと一緒に摂ることで、よりリコピンの吸収効果が高まります。

アボカドに含まれるビタミン E はリコピンとの相性が良く、一緒に摂取するとリコピンだけの時に比べて吸収率が約1.4倍にもなります。

トマトとアボカド、トマトとオリーブオイルなどを一緒に食べて、今年の夏は内側からのケアもぜひしてみてください!!

ウォーキングの効果とポイント

2018年04月27日

春らしい季節となり、「運動でも始めようかな、、、」と考えている方も多いかもしれません。

今年の冬は特に寒さが厳しかったので、外出を控え家でじっとしていることも多かったのではないでしょうか?

人間の身体の機能は、使わないでいるとどんどん衰えてしまいます。

体を動かすことが少なかったり、寝ている状態が長かったりすると、体に負荷がかからず、筋力は低下し、さらには骨も細くなってしまうのです。

 

そこで!

おすすめなのが「ウォーキング」です。

ウォーキングは運動強度もそれほど高くなく、年配の方や運動が苦手な方でも手軽に始めることができます。

また、運動不足解消だけでなく…

  • 脂肪燃焼効果
  • 筋力や持久力の維持、向上
  • 血行促進
  • 骨を丈夫にする
  • ストレス解消  

などなど、さまざまな効果が期待できるんです!

たくさんの良い効果があるウォーキングですが、悪い姿勢で行うと効果が出ないばかりか、身体を痛めてしまったり、ゆがみにつながることも、、、。

今回は、ウォーキングをする際のポイントをご紹介いたします。

 

★ウォーキングの効果を上げるポイント★

  • 背筋をしっかり伸ばし、胸を張る
  • おへその下あたりにある「丹田」に力を入れる
  • 親指で踏み出して、かかとから着地する

 

さらに、ダイエット効果を上げるコツ!!

  1. 普段歩く時よりも大股で歩く
  2. 肘を90度に曲げてこぶしを軽く握り、大きく腕を振る
  3. 早歩きで20分以上歩く
  4. たまにアップダウンのある道や階段に挑戦する

※ウォーキングの前後にはしっかりとストレッチを行ってください

 

忙しくてなかなか時間がとれない、、、という方は日常生活の中で歩く時の姿勢を意識してみてくださいね!!

 

疲れた体に『アロマバス』

2018年04月19日

日ごとに暖かさを感じられるようになりました。

環境が変わったりなど、バタバタとお忙しい方も多いかと思います。

お疲れは溜まっていませんか?

暖かくなってきたから、シャワーのみで済ませている方も多いかもしれません。

しかし、春の気温差は思っている以上にお身体を冷やしていることも…

たまにはお風呂にゆっくり浸かり、頑張っている身体を労わってあげてくださいね。

普通に入浴するのもいいですが、身体が疲れていると感じる時やリラックスしたい時におすすめな「アロマバス」のやり方をご紹介いたします♪

アロマバスの方法

①お好みの精油(アロマオイル)を用意します。

②全身浴の場合、精油は3~5滴以下、半身浴の場合、精油は2~3滴以下を浴槽に入れます。
※アロマバスは直接アロマオイルが肌に触れるため、精油は1~5滴を目安に入れてください。

③お湯をよくかき混ぜ、ゆっくりと浸かります。

※敏感肌の方は、肌荒れを引き起こす場合があるので、カップなどにお湯を入れて精油を2~3滴入れて湯気で香りを広げる方法がおすすめです。

全身浴、半身浴以外にも手浴、足浴もあります。

手浴・足浴の場合は、ともにお湯と精油2~3滴以下を洗面器に入れてよく混ぜます。

手足の末端が冷えている時、むくみや疲れにも効果的です。

 

アロマバスに使用する精油(アロマオイル)は肌に直接触れるため、100%天然のものを使ってくださいね!!

温かい湯気と一緒に、ふんわり広がるアロマの香りで、身体を温めて疲れを癒しましょう☆

 

【ダイエット】カロリーについて考える

2018年04月12日

すっかり春らしい季節となりました。分厚いコートをしまい薄着になるにつれ、そろそろ痩せないと、、、とダイエットを始められる方も多いかと思います。

ダイエットをするとき、必ず考えなければいけないのがカロリーですよね。

だいたい160㎝の女性(事務職)で運動習慣などもない場合ですと、1日に必要なエネルギー量は、1500~1700kcalです。

けっこう少ないですよね。

なので気にせず食べてしまうと、あっという間に過ぎてしまいます、、、

 

まずは生活スタイルから見直してみましょう!!

 

≪例≫

朝食(8:00)牛乳、菓子パン:410kcal

間食 なし

昼食(12:30)サラダ、オムライスのプレートランチ:900kcal

間食
(15:00)ロールケーキ、カフェオレ:350kcal

夕食(20:00)牛丼:660kcal

間食(21:00)アイスクリーム:200kcal

総カロリー:2520kcal

 

上記の例だと、約1000kcalオーバーです。

思った以上にカロリーを摂取していますよね、、、

 

カロリーオーバーの原因は主に食べる量が多いことです。

  • 量ではなく、種類を増やすことで満腹感を得る
  • 食べる順番を汁物⇒副菜⇒主菜⇒主食を守る
  • 野菜などの食物繊維で満足感を得て、主食を減らす
  • 脂っこい料理や揚げ物はできるだけ昼間に食べる
  • 「もう少し食べたい!」ところでやめる

 

また、料理の際に使う調味料も、意外と多くのカロリーを占めています。

可能であれば手作りすることで、美味しくカロリーカットできちゃいますよ!

 

例えば、、

ホワイトソース⇒牛乳を低脂肪乳にするとカロリーダウンになります。バターは最後に少量加えてください。

カレールウ⇒ルウではなくパウダーに野菜の摩りおろしや、ワインやヨーグルトを入れることでコクもしっかりと出ます。

炒め物⇒炒め物の油は最後に香りづけとして使うと、少量の油で風味豊かに仕上がります。

 

バターや油を多く使う洋食や中華料理より、油分が少ない和食の方がダイエットにはぴったりです。

ただ量を減らすのではなく、バランスの良い食事を目指しましょう!!

春の心と体の疲れ対策とは?

2018年04月7日

春風が心地よいこの頃、新年度を迎えて環境が変わったり、お忙しい方も多いと思います。

新しい環境でのストレスや、激しい気温の変化で、気づかないうちに疲れをため過ぎてはいませんか?

 

  • 寝つきが悪い、よく眠れない
  • 疲れがとれない
  • 集中できない
  • 食欲不振
  • 肩こりや頭痛がひどい
  • 不安や心配事で気分が晴れない

 

などの症状が出ている場合は、ストレスをため込んでしまっている可能性があります。

疲れて元気がでない…気持ちも落ち込んでいる…

こんな時「暗くなっていてはダメだ!明るくしないと!」と思われる方もいるかもしれませんが、実は無理して明るくする必要はないのです。

心理学的には、精神を安定させるには気分と反対のものより、同質のものの方が効果的であると言われています。

 

例えば、音楽でいうと明るくなろうとアップテンポの曲を聴いたりするよりは、静かでゆっくりとした曲を聴く方が気持ちが落ち着くとのこと。(※ただし、この場合は歌詞がないもの、もしくは歌詞の意味がわからないものがオススメです。)

まずは、乱れた心をリセットしてから徐々に気持ちを持ち上げていきましょう。

 

また、心と身体のバランスを整えるには

  • 生活のリズムを整える:起床・就寝時間、食事の時間を一定にする
  • バランスの良い食事:食事の内容は偏っていませんか?
  • ゆっくり休む:疲れている時はのんびりする時間も大切です
  • 体温調節をしっかりする:暑さや寒さの温度の変化もストレスになります

なども大切です。「これくらい大丈夫」と放って行かず、早めのケアで健康をキープしましょう!

 

肩こりが原因で肌荒れに?!

2018年03月30日

スキンケアをしっかりとしているのに肌荒れが気になる方。

もしかしたら肩こりが原因かもしれません!!

 

肩こりが原因で肌荒れに?!

肩こりとは首周りや肩周りの筋肉が緊張し、固くなってしまっている状態です。

緊張し、固くなった筋肉は血管やリンパ管を圧迫してしまいます。

そうすると本来、血液やリンパ液によって顔に運ばれる栄養、酸素が届きにくくなり、老廃物が排出されにくくなるのです。

そのため、肌の代謝が悪くなってしまい、肌が荒れたり、また治りにくくなるという負のサイクルに陥ってしまうことも。

改善するためには、普段の姿勢、生活習慣の見直しが一番いいのですが、なかなかすぐに変えるのは難しいですよね(/_;)

 

そんなときはこまめに首周りのストレッチなどを行い、筋肉をゆるめてあげることが大切です。

肩や首が凝ると、肩をまわしたり、首の後ろ側を伸ばしたりする方が多いかと思いますが、実は前側にも重要な筋肉があります。

「胸鎖乳突筋」です。

 

顔周りの老廃物はこの周辺のラインをたどって流れているため、「胸鎖乳突筋」をほぐすことがポイントです。

★胸鎖乳突筋のストレッチ★

血管やリンパ管を圧迫している「胸鎖乳突筋」をほぐすストレッチをご紹介します!

①まず正面を見て、右鎖骨を左手で押さえます。

②頭を左斜め後方にゆっくり倒していきます(このまま15秒キープ)

③次に、この状態から頭をゆっくり右に回施していきます(このまま15秒キープ)

④反対側も同様にします。

 

この筋肉はとても張りやすい筋肉なので、肩こりが気になる時、肌荒れが気になる時は、マメにストレッチして下さいね!!

 


1 2 3