寒い時期に増える「こむら返り」

2017年12月13日

本格的な冬が到来し、寒い日がつづいていますね。風邪なども流行っているようですが、体調は崩されていませんか?

当院のスタッフは、3人とも元気いっぱいです!

さて、これからの寒い時期によくお聞きするのが「夜中に足がつった」ということ。

寝ていたり、運動していたりすると突然やってくる「足つり(こむら返り)」。ふくらはぎの筋肉や神経が異常な緊張を起こし、筋肉が収縮したまま緩まなくなってしまい、激しい痛みを感じるというものです。

では、「足つり」はなぜ起こるのでしょうか?

原因は特定されていませんが…

  • 筋肉の疲労
  • 水分不足
  • 電解質バランスの乱れ
  • 冷え
  • 病気
  • 薬の副作用

など様々な要因が合わさって起こると考えられています。特に睡眠中は体温も下がり、足の温度も低下するため、今の寒い時期の夜中に起こりやすいのかもしれません。

足がつってしまった場合は、足の親指を引っ張るようにふくらはぎを伸ばすと治まりやすいです!

また、予防としては…

  • お風呂につかって筋肉を温める
  • ストレッチやマッサージで疲れを早めにとる
  • 汗をかいた時はスポーツドリンクなどで水分補給を行う

などが大切です。

特に「冬は体が冷えるから、水分はなるべく取らない」「トイレが近くなるから…」という方も多いみたいです。冬は夏ほど汗をかくこともないので喉が渇きにくく、うっかり水分不足になりやすいです。喉の渇きを感じたときにはすでに水分不足です!できるだけ飲む時間を決め、習慣化することをオススメします。

一度つると、痛みもしばらく残りますしつらいですよね。
まだまだ、寒い冬は続きます。しっかりと予防し、ケガなく乗り越えましょう!

【目的別】お風呂の効果的な入り方

2017年12月6日

急に寒さが厳しくなってきましたね((+_+))
こんな日は温かいお風呂に入りたいです♨

皆さんは普段、お風呂にはつかられていますか?

これからの季節はさらに冷え込みも厳しくなりますので、美容と健康のためにも湯船につかる習慣を取り入れたいですね!

入浴はお湯の温度や入り方によって、効果が変わります。
今回は「リラックスしたい時」「ダイエット中の時」「肩こりが気になる時」の3つをご紹介いたします☆

リラックスしたい時の入浴方法

38~40度くらいのぬるめのお湯でじっくりと半身浴をするのがオススメです。半身浴は全身浴より体の負担も少なく、芯から温まります。

ダイエット中の時の入浴方法

41~42度の少し熱めのお湯で10分ほどつかります。熱めのお湯なので長湯すると、のぼせたり、お肌が乾燥する場合があるので注意してください。体力のある方は10分ほどお湯につかった後、冷水を浴びてもう一度お湯につかるということを繰り返すとさらに効果的です。

肩こりが気になる時の入浴方法

39~40度くらいのお湯で20分の全身浴が良いと言われています。水圧と浮力によりこり固まった疲れをほぐしてくれます。

 

 

しっかりと水分補給しながら、ぜひご自身の体調・状態にあわせて行ってみてください。そして、入浴後も水分補給とお肌の保湿も忘れずに!

マフラーで肩こりになる?

2017年11月25日

寒さがひとしお身にしみる頃となりました。
寒さから肩をこわばらせたり、首をすくめて歩いてはいませんか?

実はこの姿勢、首や肩まわりの筋肉を緊張させ、首こりや肩こり、頭痛などを引き起こす原因となることがあるのです。ただでさえ寒さで血行が悪くなり、筋肉が硬くなりやすい時期です。マフラーやストールなどを上手に活用し、首まわりを温めましょう!

 

しかし!

マフラーやストールを巻くことで、逆に首こりや肩こりになってしまう場合もあります。それは、キッチリ巻きすぎてしまっている場合

マフラーやストールをキッチリ巻きすぎると首の可動域が狭くなり、首を動かしにくくなるため、筋肉が固まりやすくなるのです。また首や肩を覆うことで、その部分に意識がいくため筋肉が緊張した状態になりやすいのです。

 

そこで、大切なのが…
【マフラーやストールはキッチリ巻かないこと】
中に空気を含ませるように軽く巻くのがポイントです!

また、ゆるく巻くとマフラーやストールが落ちてしまうのでは…と無意識に力が入ってしまっている場合もあるので、外れないようにピンで留めておくのもひとつです★

オシャレに防寒に健康的に楽しみましょう!


1 2 3