【産後のつらい肩こり】原因と対策とは?

2018年06月23日

産後のママに多いトラブルの1つ「肩こり」。

産前から気になっていたけど、産後にもっとひどくなった…

産後急に肩が痛くなりだした…

などなど、肩こりは産後ママのほとんどが経験していると言われています。

 

産後の肩こりの原因とは?

赤ちゃんが産まれると、長時間の抱っこや授乳など、下を向く姿勢が多くなります。

下を向く姿勢は、肩まわりの筋肉が疲労しやすく、血行不良になってしまうため肩こりになりやすいです。

また、睡眠不足から疲労がなかなか回復できなかったり、慣れない育児で気が張っていたりすると、首・肩の筋肉にも大きく影響します。

産後は特に、筋力も体力も落ちているため、疲労しやすく回復しにくいです。

無理をしすぎず、ストレッチやマッサージで肩こりのケアもしながら、肩への負担を減らす対策をとることがおすすめです。

 

肩の負担を減らす対策

おんぶする(赤ちゃんの首がすわっている場合)

基本的に4ヶ月健診で首すわりに問題ないと言われた赤ちゃんは、おんぶが可能です。

抱っこからおんぶに変えるだけで、肩への負担はとても減ります!

肩こりがひどい場合は、ぜひ一度試してみてください。

 

授乳クッションを使う

小さいと言っても、新生児の体重は2~3kgほどあります。

デリケートな赤ちゃんを支えながら、うまく飲めるように固定するとなると、腕や肩、首への負担はとても大きいです。

そんな授乳時の負担を軽減してくれるのが、授乳クッションです。

赤ちゃんをクッションに乗せて授乳ができるため、ママの腕の力をあまり使わなくて良くなります。

 

赤ちゃんの成長はもちろん、ママの身体もとっても大切です。

肩こりがひどくなると、頭痛や手のしびれなどにつながることも…

赤ちゃんの体重も増えるにつれ、肩への負担はさらに増えます!

悪化して育児に支障をきたす前に、早めの対策がおすすめです。

提携コインパーキングのご案内

2018年06月20日

 

いつもなぎさ整骨院をご利用いただき、誠にありがとうございます。

この度、駐車場取り壊し工事の為、平成30年6月30日をもちまして駐車場のご利用を終了することになりました。

お車でご来院のお客様・患者様は提携コインパーキング(三井のリパーク)をご利用いただきますようお願いいたします。

 

駐車場ご利用の際は、「駐車証明書」をお取りいただき、受付でお渡しください。

無料駐車チケットをお渡しいたします。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

開院5周年のご挨拶

2018年06月9日

 

いつもなぎさ整骨院をご利用いただきありがとうございます。

さて、6月9日に当院は開院5周年を迎えることができました。

これもひとえに、皆様のご厚情とご支援の賜物と深く感謝申し上げます。

 

これからも私たちスタッフ一同、地域の皆様の健康づくりのお手伝いをさせていただければと思います。

今後とも、なぎさ整骨院をよろしくお願いいたします。

梅雨どきはむくみやすくなる!?

2018年06月6日

梅雨に入り、春の穏やかな気候が一転。

温度が高くなったり、気圧が下がったりすると、身体に様々な影響が現れます。

そのひとつとして挙げられるのが「むくみやすくなる!!」というもの。

それは一体、なぜなのでしょうか、、、?

 

梅雨にむくみやすくなる理由

まず、むくみは一言で言うと、皮膚の下に余分な水分が溜まった状態のことを言います。

私たちの体は、汗をかくことで体温調節を行っていますが、外の空気が湿っていると、汗が皮膚の表面から蒸発しにくくなります。

すると、体内の熱がうまく発散できず、水分代謝が滞り、むくみを引き起こすきっかけとなるのです!!

そのため、湿度の高い梅雨の時期はむくみやすくなると言われています。

※その他にもむくみの原因は、運動不足や血行不良、食生活、水分・塩分のとりすぎ、冷え、女性ホルモンの影響、病気や薬の副作用など様々です。

 

 キーポイントはふくらはぎ!?

人間の血液は70%が下半身に集まっています。

下半身の血液を心臓に戻すために、押し上げるポンプの役割をするのが、ふくらはぎです。

ふくらはぎの筋肉が伸縮することで、身体の下から上へ血液が巡っていきます。

心臓だけでは補いきれない下半身の血流を促す働きがあるので、゙第二の心臓゛と呼ばれています。

ふくらはぎの血流を良くすることで全身の血流が良くなり、全身のむくみの解消に繋がります♪

むくみが気になる方は、ぜひ「ふくらはぎのマッサージ」をしてみてください。

この他にもむくみの解消には、お風呂で身体を温めたり、利尿作用のあるウリ科の食べ物やカリウムを多く含むバナナなどもおすすめです!!

今年は内側からも紫外線対策を!!

2018年05月31日

爽やかな空が目立ち、日中は汗ばむ程の季節となりました。そろそろ気になってくるのが『紫外線』!!

5月から8月は1年のうちでも紫外線の強い季節となります。

日焼け止めや日傘、手袋、帽子など、いろいろな対策方法がありますが、意外と忘れがちなのが、内側からのケア。

紫外線に対抗できる食べ物(栄養素)を摂取するだけで、手軽に紫外線ケアできますよ!

特に気をつけて摂取したいのがビタミンA 、C 、Eです。

おすすめの食べ物は “トマト” 

トマトはビタミンA 、C 、E が豊富に含まれているだけでなく、トマトに含まれるリコピンには老化を抑える抗酸力が抜群!

生トマトはもちろん、加工品のトマト缶、トマトジュース、ケチャップなどでもリコピンを効果的に摂ることができます。

さらに、トマトジュースやケチャップといった加工食品には、生のトマトの約2~3倍もリコピンが多く含まれているそうです。

 

また、リコピンは油に溶けて吸収される性質があります。

そのため、脂質が多いアボカドやオリーブオイルなどと一緒に摂ることで、よりリコピンの吸収効果が高まります。

アボカドに含まれるビタミン E はリコピンとの相性が良く、一緒に摂取するとリコピンだけの時に比べて吸収率が約1.4倍にもなります。

トマトとアボカド、トマトとオリーブオイルなどを一緒に食べて、今年の夏は内側からのケアもぜひしてみてください!!

ウォーキングの効果とポイント

2018年04月27日

春らしい季節となり、「運動でも始めようかな、、、」と考えている方も多いかもしれません。

今年の冬は特に寒さが厳しかったので、外出を控え家でじっとしていることも多かったのではないでしょうか?

人間の身体の機能は、使わないでいるとどんどん衰えてしまいます。

体を動かすことが少なかったり、寝ている状態が長かったりすると、体に負荷がかからず、筋力は低下し、さらには骨も細くなってしまうのです。

 

そこで!

おすすめなのが「ウォーキング」です。

ウォーキングは運動強度もそれほど高くなく、年配の方や運動が苦手な方でも手軽に始めることができます。

また、運動不足解消だけでなく…

  • 脂肪燃焼効果
  • 筋力や持久力の維持、向上
  • 血行促進
  • 骨を丈夫にする
  • ストレス解消  

などなど、さまざまな効果が期待できるんです!

たくさんの良い効果があるウォーキングですが、悪い姿勢で行うと効果が出ないばかりか、身体を痛めてしまったり、ゆがみにつながることも、、、。

今回は、ウォーキングをする際のポイントをご紹介いたします。

 

★ウォーキングの効果を上げるポイント★

  • 背筋をしっかり伸ばし、胸を張る
  • おへその下あたりにある「丹田」に力を入れる
  • 親指で踏み出して、かかとから着地する

 

さらに、ダイエット効果を上げるコツ!!

  1. 普段歩く時よりも大股で歩く
  2. 肘を90度に曲げてこぶしを軽く握り、大きく腕を振る
  3. 早歩きで20分以上歩く
  4. たまにアップダウンのある道や階段に挑戦する

※ウォーキングの前後にはしっかりとストレッチを行ってください

 

忙しくてなかなか時間がとれない、、、という方は日常生活の中で歩く時の姿勢を意識してみてくださいね!!

 

GW休診日のお知らせ

2018年04月22日

 

GW休診日のお知らせです。

4月29日(日)、5月1日(火)、5月3日(木)~5月5日(土)をお休みさせていただきます。

4月30日(月)は、なぎさ整体・産後骨盤矯正のみ【完全予約制】にて受付しております。

 

5月6日(日)より、平常通りの受付となります。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

疲れた体に『アロマバス』

2018年04月19日

日ごとに暖かさを感じられるようになりました。

環境が変わったりなど、バタバタとお忙しい方も多いかと思います。

お疲れは溜まっていませんか?

暖かくなってきたから、シャワーのみで済ませている方も多いかもしれません。

しかし、春の気温差は思っている以上にお身体を冷やしていることも…

たまにはお風呂にゆっくり浸かり、頑張っている身体を労わってあげてくださいね。

普通に入浴するのもいいですが、身体が疲れていると感じる時やリラックスしたい時におすすめな「アロマバス」のやり方をご紹介いたします♪

アロマバスの方法

①お好みの精油(アロマオイル)を用意します。

②全身浴の場合、精油は3~5滴以下、半身浴の場合、精油は2~3滴以下を浴槽に入れます。
※アロマバスは直接アロマオイルが肌に触れるため、精油は1~5滴を目安に入れてください。

③お湯をよくかき混ぜ、ゆっくりと浸かります。

※敏感肌の方は、肌荒れを引き起こす場合があるので、カップなどにお湯を入れて精油を2~3滴入れて湯気で香りを広げる方法がおすすめです。

全身浴、半身浴以外にも手浴、足浴もあります。

手浴・足浴の場合は、ともにお湯と精油2~3滴以下を洗面器に入れてよく混ぜます。

手足の末端が冷えている時、むくみや疲れにも効果的です。

 

アロマバスに使用する精油(アロマオイル)は肌に直接触れるため、100%天然のものを使ってくださいね!!

温かい湯気と一緒に、ふんわり広がるアロマの香りで、身体を温めて疲れを癒しましょう☆

 

【ダイエット】カロリーについて考える

2018年04月12日

すっかり春らしい季節となりました。分厚いコートをしまい薄着になるにつれ、そろそろ痩せないと、、、とダイエットを始められる方も多いかと思います。

ダイエットをするとき、必ず考えなければいけないのがカロリーですよね。

だいたい160㎝の女性(事務職)で運動習慣などもない場合ですと、1日に必要なエネルギー量は、1500~1700kcalです。

けっこう少ないですよね。

なので気にせず食べてしまうと、あっという間に過ぎてしまいます、、、

 

まずは生活スタイルから見直してみましょう!!

 

≪例≫

朝食(8:00)牛乳、菓子パン:410kcal

間食 なし

昼食(12:30)サラダ、オムライスのプレートランチ:900kcal

間食
(15:00)ロールケーキ、カフェオレ:350kcal

夕食(20:00)牛丼:660kcal

間食(21:00)アイスクリーム:200kcal

総カロリー:2520kcal

 

上記の例だと、約1000kcalオーバーです。

思った以上にカロリーを摂取していますよね、、、

 

カロリーオーバーの原因は主に食べる量が多いことです。

  • 量ではなく、種類を増やすことで満腹感を得る
  • 食べる順番を汁物⇒副菜⇒主菜⇒主食を守る
  • 野菜などの食物繊維で満足感を得て、主食を減らす
  • 脂っこい料理や揚げ物はできるだけ昼間に食べる
  • 「もう少し食べたい!」ところでやめる

 

また、料理の際に使う調味料も、意外と多くのカロリーを占めています。

可能であれば手作りすることで、美味しくカロリーカットできちゃいますよ!

 

例えば、、

ホワイトソース⇒牛乳を低脂肪乳にするとカロリーダウンになります。バターは最後に少量加えてください。

カレールウ⇒ルウではなくパウダーに野菜の摩りおろしや、ワインやヨーグルトを入れることでコクもしっかりと出ます。

炒め物⇒炒め物の油は最後に香りづけとして使うと、少量の油で風味豊かに仕上がります。

 

バターや油を多く使う洋食や中華料理より、油分が少ない和食の方がダイエットにはぴったりです。

ただ量を減らすのではなく、バランスの良い食事を目指しましょう!!

春の心と体の疲れ対策とは?

2018年04月7日

春風が心地よいこの頃、新年度を迎えて環境が変わったり、お忙しい方も多いと思います。

新しい環境でのストレスや、激しい気温の変化で、気づかないうちに疲れをため過ぎてはいませんか?

 

  • 寝つきが悪い、よく眠れない
  • 疲れがとれない
  • 集中できない
  • 食欲不振
  • 肩こりや頭痛がひどい
  • 不安や心配事で気分が晴れない

 

などの症状が出ている場合は、ストレスをため込んでしまっている可能性があります。

疲れて元気がでない…気持ちも落ち込んでいる…

こんな時「暗くなっていてはダメだ!明るくしないと!」と思われる方もいるかもしれませんが、実は無理して明るくする必要はないのです。

心理学的には、精神を安定させるには気分と反対のものより、同質のものの方が効果的であると言われています。

 

例えば、音楽でいうと明るくなろうとアップテンポの曲を聴いたりするよりは、静かでゆっくりとした曲を聴く方が気持ちが落ち着くとのこと。(※ただし、この場合は歌詞がないもの、もしくは歌詞の意味がわからないものがオススメです。)

まずは、乱れた心をリセットしてから徐々に気持ちを持ち上げていきましょう。

 

また、心と身体のバランスを整えるには

  • 生活のリズムを整える:起床・就寝時間、食事の時間を一定にする
  • バランスの良い食事:食事の内容は偏っていませんか?
  • ゆっくり休む:疲れている時はのんびりする時間も大切です
  • 体温調節をしっかりする:暑さや寒さの温度の変化もストレスになります

なども大切です。「これくらい大丈夫」と放って行かず、早めのケアで健康をキープしましょう!

 


1 2 3 4 5